梅雨病で悩んでいませんか?

  • 作成日時:2022年06月01日

梅雨の時期はどうも調子が悪い・・・と言うこはありませんか?

それは梅雨病かもしれません。

 

梅雨病(気象病)は、気圧や湿度、温度などの変化が引き起こす不調です。

梅雨時は大気が低気圧に覆われると、その影響で身体では内圧が高まり、膨張した状態となって、むくみや頭痛、のぼせなどを発生させます。

雨の日に感じる頭重感、メガネが窮屈に感じるのも、気のせいではないのです。

 

天候のすぐれない梅雨は、日光を浴びることで得られる自律神経の調整に欠かせないホルモン(セロトニン)が不足して、不眠や倦怠感の原因にもなります。

イライラや集中力が続かないといったメンタル面の不調も自律神経が大きく関係しています。

 

そんなときにオススメなのが炭酸ヘッドスパです。

当院の炭酸ヘッドスパは、身体の仕組みを熟知した国家資格保持者が開発した施術です。

硬くなった頭を柔軟にして脳脊髄液の循環を促進。

東洋医学に裏付けられた手技は、頭皮をほぐすだけの癒しではなく、お悩みにしっかり届く、症状改善型のケアなのです。

 

この炭酸ヘッドスパをご紹介するYouTube動画があります!

ぜひご覧ください(^^♪

『炭酸ヘッドスパ テクニック大公開』

チャンネル登録もお願いします☆

 

TOP