柿が赤くなると医者が青くなる

  • 作成日時:2020年10月01日

皆さん、こんにちは!院長の上江洲です。

ついに秋がやってきました。
スポーツの秋?読書の秋?いやいや、私はダントツ食欲の秋です。

冬に向けて栄養をしっかり蓄える大事な時期です。
サツマイモ、サンマ、栗など秋はおいしい食材が豊富ですが、なかでも今回は、柿についてお伝えします。

皆さん、「柿が赤くなると医者が青くなる」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
柿が赤くなる時期は天候も良く、医者は商売にならずに青ざめる、という意味だそうです。

過ごしやすい時期というだけではなく、柿が持つ高い栄養価もこの言葉の由来になっているそうです。
特に柿には、ビタミンCがレモンの1.5倍、みかんの2倍の量が含まれているそうです。
風邪の予防や免疫力のアップ、美肌の育成・維持にはかかせない栄養素です。

さらに老化の抑制が期待できる栄養素や二日酔いを抑える作用、抗酸化作用なども期待できるそうです。
本当にお医者さんは青くなりそうですね。
ただし、当たり前のことですが、柿だけですべては良くはなりません。
食欲の秋でも正しい食生活を心がけてください。

最後に、今月は祝日がありませんので、日曜日以外、毎日元気に診療しております!

TOP