急増寝違え症状!!

  • 作成日時:2016年03月01日

少しずつではありますが、春が近づくのを感じる今日この頃。
どうも、甘栗大好き院長の杉野です!!

今月は最近多い寝違えについて書こうと思います。
寝違えは不自然な姿勢、冷え、疲労により状態の悪い筋肉が引き伸ばされ、微細な断裂を発症して起こります。
寝違えの一番の症状は圧倒的になにもしてなくても痛みを感じる自発痛がほとんどです。
しかも最低48時間、痛みが続きます。

治療のポイントは、急性期はアイシングとテーピング。
その後は全体を診てのバランス調整と背部からの緊張をしっかりと緩めて整えることが肝心です。
一度痛めた筋肉は完全に修復するまでに約1か月はかかります。

ほとんどの方は痛みが引いたら治療に来なくなってしまいますが、また同じ所を痛めて来院される方がたくさんいらっしゃいます。

寝違えたら一度は来院して専門家の私たちに診せて、詳しいアドバイスを聞いてはいかがでしょうか!?

TOP