子どもも大好き海苔

  • 作成日時:2018年06月01日

こんにちは!院長の杉野です!
今日は毎朝必ず食べる海苔について書きます!
海苔の原料はアサクサノリ、スサビノリなど。
養殖もされており、これを乾燥させたものが「板海苔」として市販されています。
「岩海苔」は天然に生育するアマノリのことで、葉は固く風味と香りのよさは抜群です。
海苔の栄養価で注目したいのが、約40%も含まれるタンパク質です。
その量は大豆に匹敵し、グルタミン酸、アラニン、リジン、セリシンなどのアミノ酸も豊富で、独特のうま味はグルタミン酸によるものです。
グルタミン酸は細胞の働きを促進し、脳を活性化してくれます。
β-カロテンの多さも海苔の特徴で、皮膚や粘膜を健康に保って美容効果に役立ちます。
また、β-カロテンには抗酸化作用があり、同じく海苔に多く含まれるビタミンC・Eとともに、老化やガンの原因となる活性酸素を除去してくれます。
ほかにも甲状腺ホルモンの重要な成分であるヨウ素、造血ビタミンとも呼ばれる葉酸、貧血に効果的な鉄、血圧を下げる働きのあるカリウムなども豊富で、しかも低カロリーの食材です。

【調理のポイント】
海苔を炙るときは、中表を2枚重ねにして両裏面を焼き上げるとパリっと仕上がります。

【海苔の選び方】
全体が黒紫でツヤがあるもの。穴や破れがなく、厚さが均一なもの。

【特ダネ】
海苔にはβ-カロテンがたっぷり含まれており、免疫力を高めたり、風邪の予防に最適なので積極的に摂取しましょう。

【豆知識】
海苔には皮膚の新陳代謝を促すビタミン類が豊富で、シミ・そばかす対策にも最適です。
ちなみに紙すきの要領で薄く四角に仕上げた「浅草海苔」に用いられてきた原種の海苔は、現在絶滅寸前にあるそうです。

TOP