ニンジンの効能

  • 作成日時:2017年09月05日

こんにちは!当院顔黒担当の院長の杉野です。
みなさん、夏の疲れは出ていませんか!?

僕はすこぶる良好です!
今月はニンジンの効能について書こうと思います。

【特徴】
野菜の中でもニンジンには免疫力を高め、細胞の老化を防ぐβ-カロテンが豊富に含まれています。ニンジンを1本食べれば、1日に必要なビタミンA(β-カロテン)が摂れるほどです。β-カロテンは体内に吸収されてからビタミンAに変わります。皮膚や粘膜を丈夫にして活性酸素を除去する働きがあります。緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは必要に応じてビタミンAに変わるので、過剰摂取による悪影響がありません。さらに、β-カロテン以上に強い抗酸化力をもつα-カロテンが含まれ、相乗効果でガンや生活習慣病予防に効力を発揮します。ほかにも血圧降下作用のあるカリウム、整腸作用のある食物繊維をバランスよく含んでいます。また、ニンジンは葉の部分にも豊富なカリウムやビタミンC、カルシウムが含まれているので、有効に活用したいものです。

【調理のポイント】
β-カロテンは皮の部分に多いので、よく洗って皮付きのままで調理するのが理想的。また、ニンジンにはビタミンCを破壊する酵素が含まれているので、酢の入ったドレッシングなどを使えばその作用を抑えられます。

【ニンジンの選び方】
上部・首の部分が青いものや黒ずんでいるものは避ける。全体に色鮮やかで赤みが強いものほどカロテンが多い。

【ニンジンのフェイスケア】
ビタミンAは肌にツヤと弾力をもたらし、髪を美しく保つ働きがあります。

TOP